#バイクと旅あれこれ

温泉♨️と乗り物🚘大好き女性ライダーの旅・バイク日記 【連絡先】 bike2travel.emily★gmail.com(←★を@に変えて下さいね)

【カブの走り方】絶対に転倒しない!!【雨の山道-理論編①】

こんにちは😃えみりーです。このブログは

温泉大好き女性ライダーの旅日記(たまに番外編あり)

を綴っていくブログです❤️

 

この間、とある山にカブで行ったのですが

☔️雨で路面が濡れており、

恥ずかしながら転倒してしまいました…。

 

 

ブログに書くか迷いましたが、

次回に活かすため、また自戒を込めて

雨のバイクの乗り方や、

転倒後の対処法について書いていきます。

 

 

まずは〈 状況説明 〉から

 -----------------------------------------------------------------

【転倒場所】

いろは坂 登りのカーブ。

曲率/斜度も高い場所 (俗に言うヘアピンカーブ)

 

【路面状況】

WET ☔️

雨が降っている状況ではなく、雨上がり後のタイミング

 

【どのように転倒したか】(概要)

カーブの折返し地点にて、

バイクを傾けている方向に そのまま倒れる

※倒れたのはリヤタイヤから。

(いわゆる スリップダウン

 

-----------------------------------------------------------------

 

スリップダウンによる転倒は、

バイクにとって起こる頻度の高い転倒のひとつ。

 

特に雨の日ですと、

路面とタイヤの間に水があるので

(↓こんなふうにね。)

f:id:emilyoncb400sf:20180814192321j:image

水がタイヤのグリップ力を落とす

潤滑剤となってしまい、すぐ滑ってしまいます。

 

 

【なぜカーブ時に転倒するのか】

バイクの雨での転倒は、

ほぼカーブ時に起こりますが

なぜカーブで転倒しやすいのか? 

 

それでは、雨の日の坂道に例えてみましょう。

 

★例①- 1歩目の右足 

路面と100%接地しています。
f:id:emilyoncb400sf:20180814193454j:image

 

★例②- 2歩目の右足 

 

左足が完全に地面と離れ、前に踏み出そうとすると

重心は移動と共に前に動きます。

 

また、1歩目で100%だった右足の接地面積は

前に行くほど少なくなります。
f:id:emilyoncb400sf:20180814193449j:image

 

 

 

さて、ここまでの前提を踏まえた上で

 

 

【 転倒時 何が起こるか 】

について考えてみましょう!(`・ω・´)

 

2歩目から3歩目に向かおうとするとき、

3歩目の着地までに、

最も接地面積が少なくなりますよね?

 

もし、その際 接地している場所が

水 (ないし油)浸しだったらどうでしょうか?

f:id:emilyoncb400sf:20180814194514j:image

図のように、前へ踏み出そうとする力

接地面のグリップが極端に少ないために

転倒する方向へ、力の向きが変わってしまいます。 

 

これが転倒するしくみ。(あくまで一例ですが)

 

 

では実際にバイクではどのような動きになるのか、

次回、体験談(及びイメージ)を踏まえて

書いていきますよ💖

 

乞うご期待(。-`ω-)

 

 

次回はタイヤの曲率の話もしようかな…。

  

参考までに、CBのタイヤ

f:id:emilyoncb400sf:20180814185129j:image

カブのタイヤ

f:id:emilyoncb400sf:20180814185323j:image

 

 

★ 続きはこちら★

www.bike2travel.com

 

 

💖このブログはシェアフリーです💖

 

関連記事は

スマホなら ↓ 薄いグレーの文字からご覧頂けます❤️

PCなら、ページ上部 右側のカテゴリーからどぞ(*‘∀‘)