#バイクと旅あれこれ

温泉♨️と乗り物🚘大好き女性ライダーの旅・バイク日記。最近は旅好きが高じてミニマリスト的情報発信もやってます。0歳児との暮らしも書いてるよ。 【連絡先】 bike2travel.emily★gmail.com(←★を@に変えて下さいね)

【#育児メモ】祖父母との付き合い方について

こんにちは😃えみりーです。このブログは

温泉大好き女性ライダーの旅日記(たまに番外編あり)

を綴っていくブログです❤️

 …が、2019夏に第一子が誕生したので、その日々も綴っていきます。

 

世のお父さんお母さん。

祖父母とはどのように付き合っていますでしょうか? 

 

遠方の祖父母、近くに住んでいる祖父母

それぞれ悩みは違いますよね。

 

祖父母との付き合い方について、

個人的に思うところを書いてみたいと思います。

 

 

1.「孫に○○したい」はOK「○○してあげている」になったらNG

親である私たちにとっても可愛い我が子。

しかも祖父母には「子育て」という責任もない「孫」という存在は

無条件に可愛がれるため

「○○したい!」

という気持ちが往々に湧いてくるはず。

 

例えば

・おもちゃを買ってあげたい

・服をプレゼントしたい

など。

近くに住んでいる祖父母なら、

・孫の面倒を見たい

も入ってくるかもしれません。

 

これに対しては、個人的には大歓迎!

さすがに服だと、親のテイストと合っていなければ

丁重にお断りするか、誰かに譲ってしまうかもしれませんが。

ただし、祖父母が

「○○してあげたのに」

と思うようになってしまったら、これはやりすぎだと思っています。

 

基本的な私の親としてのスタンスは

・保護者(子どもの面倒を見る役割)は親の私たち

・祖父母はあくまで「孫」として可愛がる存在であり「面倒を見る」親としての役割ではない

という考えでいます。

 

なので、

例えば「孫の面倒を見たい」と言っている祖父母に対しては

「基本的には私が子の面倒を見る立場なので、私にやらせてください。

 どうしても「やりたい」のであれば、少しだけどうぞ。」

このようなスタンスです。

 

私がこう考える理由は2つ

①親も子と共に成長している段階で、祖父母が割って入ると親の成長機会を逃してしまう。行き過ぎた結果、子どもを育てられない親になってしまい、最終的に子どもに悪影響になるから。

②子どもには「祖父母≒甘やかしてくれる存在」「親≒自我が芽生える基礎となる存在であり、子どもの欲求を必ずしも満たせないけれど愛されていると実感できる存在」として認識してもらう。親と祖父母では「立場が違う」のだから接し方も違うけれど、どちらも「愛されている」ことに変わりはないんだよ。と知ってほしいから。

 

 

2.嬉しいプレゼントにも、一定の線引きを

親の好みではないものも含まれていたりするので

その際は

「お気持ちは嬉しいのですが…」と配慮をしつつも

しっかりとお断りしようと思います。

 

理由は簡単で

< 私たち夫婦の家 >に置くものだから。

 

これは、我が家がシンプルな暮らしをしているからかもしれませんが、シンプルな暮らしをしているとカラフルなものは悪目立ちしてしまって、部屋の統一感がなくなってしまいます。

 

 

私にとっては<統一感がない状態>はイライラの原因でしかないので、日々の暮らしを快適なものにして、子どもと心地よく住まうためには我が家には我が家好みのモノに囲まれていたい。祖父母好みのプレゼントは、祖父母の家においてもらいたいなと思っています。

 

< 祖父母の好み >は祖父母の好みであって、

< 私たちの好み >ではないので

もし<祖父母の好みのもの>をプレゼント頂けるのであれば

その家に行ったときに遊ばせるなりしてほしいなと。

 

今のところ、祖父母との付き合い方について考えていることは

以上かな。

また、子どもが大きくなったり、接してみて「これは?」と思うことがあれば

アップデートしていきますね。

 

💖このブログはシェアフリーです💖

 

   _人人人人人人人人人人人人人人_
>>          Follow ME!!!               <<  

>>             <<

     Y^Y^Y^Y^YY^Y^Y^Y^YY^Y^Y^Y^YY^

 

関連記事は

スマホなら ↓ 薄いグレーの文字からご覧頂けます❤️

PCなら、ページ上部 右側のカテゴリーからどぞ(*‘∀‘)